〜の勉強に行くと〜を勉強しに行くについて

ボラ188みんなの日本語という本を使って教えています。京都へ遊びに行くと美術の勉強に行くという例文があるのですが、遊びには遊ぶのマス形語幹遊びににを付けたものだから、勉強するもマス形を使って勉強しを使うのはだめかと聞かれました。勉強するは動詞だから美術のを美術をに変えて、美術を勉強しに行きますにすれば大丈夫だと答えたのですが、それでよかったでしょうか。

ボラとも先生188この例文はみんなの日本語初級第2版本冊スリーエーネットワークの第13課の練習4に出てくるもので、目的を表す〜へに行く/来るという文型です。ここではいくつか注意しなければならないことがあります。

まず、目的地を表す〜への部分は任意の情報なので、省略することができます。また、助詞はへではなくにでもいいのですが、目的を表す部分のにと同じになってしまうのでここでは役割分担を明確にするためにへが選ばれています。

へとにの違いについては、以前の記事No2方向を表すへとにについてとNo75教科書の復習問題の解き方についてをご参照ください。

さて、目的を表すには動詞のマス形語幹遊びか名詞勉強を入れるのですが、この部分にはいろいろ問題があるようです。

ボラ188さんの質問は、の部分に勉強という名詞が入っているけれども、これを勉強するという動詞のマス形語幹勉強しで言い換えてもいいかという問題です。

以下のサイト日本語教師の2etみんなの日本語の教案を見ると、次のように書かれています。

3gV(3グループ動詞)とN名詞をしますはNに行きますの形で扱う

名詞部分しに行くは手引きではNGとされている。しかし、昔はどうだったかはわからないが、現代では多く使われているので、教えるかどうかは考えなければならない。

これを見ると、みんなの日本語の教え方の手引きには、勉強しに行くは教えてはいけないと書かれているようですが、げんき第2版TheJapanTimesという教科書では、第7課p174の文法の説明としてメアリーさんは日本に日本語を勉強しに来ましたという例文が挙げられています。

こうした違いは、おそらくみんなの日本語の教育方針として日常生活での使用頻度よりも学びやすさを優先した結果なのに対して、げんきのほうは自然な日本語を優先したためだと考えられます。

また、げんきでは、移動とその目的を表す文型として〜目的地に/へ移動の目的に行く/来る/帰るという文型を示していますが、みんなの日本語の説明方法とは違って、この文型のには動詞のマス形語幹げんきではstemformを入れるのを基本にして、脚注として買い物などの名詞を入れることもできると説明しています。

日本で生活している初級レベルの人にとっては、動詞のマス形語幹を原則としたげんきの説明のほうが日常生活に即しているし、理論的意味的にもわかりやすいと思います。

というのも、この文型で使われる移動目的というのは基本的に移動する人の行為を表すわけですから、その行為を表す動詞のマス形語幹がまずに入るのが原則であり、その行為を抽象化した動作性名詞は二次的な候補になるからです。

日本語では動詞のマス形語幹は、これは遊びだの遊びのように名詞として使われることも多いのですが、映画を見に行くの見や友だちに会いに行くの会いなどのように、和語動詞のマス形語幹がすべて名詞になれるわけではありませんから、に入るのはまず動詞であり、動作性名詞はその次になると考えられます。

ただし、どのような名詞を動作性名詞と見なすことができるのかは人によって個人差があるようです。上記のサイト日本語教師の2etみんなの日本語の教案では、次のような説明があります。

〜へN名詞に行きますスポーツは省いておく

Nは行為を表すものでなければならない(事が多い)が、スポーツは特殊で、可と不可なものがある。

この説明の下の考察の欄には、次のような解説が続きます。

1学生よりも先生が悩むのが、A-4。北海道へスキーに行きますは違和感ないのに公園へサッカーに行きますはある。レジャー要素が強いものはOKなのだ(旅行に)。サッカーをしに〜だと(私の語感だが)。いまいち違いがわかりにくいので、提出する語はT教師が限定し、スポーツは全てをしにで教える

このような個人差が生じるのは、スポーツには自分が実際にやる場合と観戦する場合があり、自分がやる場合は動作性名詞になりますが、観戦する場合は普通の名詞になってしまうからです。

最後に、美術を勉強すると美術の勉強をするの意味の違いについて一言。

ネットで動詞性名詞を検索すると現代日本語の動詞性名詞とのことによる名詞化についてという論文がヒットして読むことができます。この論文は東京外国語大学大学院の修士論文現代日本語の動詞性名詞の研究佐藤佑、2006の一部を書き改めたものだそうです。

この中に、英語を勉強すると英語の勉強をするを比べているのですが、そこにはよりの方が本格的に、明確な心構えを持って取り組むという意味合いニュアンスが強いと書かれています。

その理由として、は単なる動作行為しか表さないけれど、は英語の勉強という名詞表現を含むため、これが抽象的な概念としてまとまりを示し、この明確化された概念を実現するからだという説明が挙げられています。興味のある人はこの論文も読んでみてください。