心の灯

こんにちは。

お正月は

わりと毎年

初詣へ行っていたのですが

今年は行かずじまいでした。

だって

大晦日に

コレを見て

すっかり満足してしまったんですもの()

金色に光る竹!

息をのむほど

なんとも美しい光景。

竹の中には

ロウソクが灯されていて

優しくユラユラ

揺らいでいます。

竹をよーく見ると

こんなコも隠れていたり。

ニコちゃん竹

神しいけど

温かみと

遊び心があって

なんだかホッコリ。

なんだか

ご利益ありそうです(艸)

ココは

そらちょパパの実家近くの神社。

元気な街づくりの一環で

街の人たちが

大晦日から新年にかけて

企画してくれたもの。

もちろん

じぃじばぁばも

ずっと準備に携わってきてくれました。

スーパームーンと竹灯り。

願い事が叶いそうです

これだけの竹を切って

金色に染めて

長〜い階段に飾って

ロウソクを灯して

風で消えたら

また

長〜い階段を上って

再び灯す。

想像するだけで

なかなかハードです(;)

しかも

階段以外の場所にも

竹灯りがいっぱい。

もちろん

大晦日の夜だけでなく

元日の夜も

灯さなければいけません。

想像しただけでも

足と腰が

痛くなりそうですね()

というわけで〜

ここは

若者が出動せよ!

ということで

若者なのかは

さておき、

そらちょパパ、出動しました!

しかもですね

なんと

TVのレポーターまで出動してました!

御覧ください、見事な竹灯りです。

街の方の

熱い想いが伝わってきますね

いや、すみません。

出動にビビった

そらちょママが

レポーターごっこをしているあいだ、

そらちょパパは

せっせと

消えた灯りに

火を灯していたのですが

あっという間に

腰を痛めて

降りてきました(lll)

若者じゃないことを痛感した

そらちょパパママ。

翌日の点灯に向けて

秘策を考えました。

本物の若者を投入〜(艸)

お正月のまったりとした時間、

エネルギーを持て余していた

そらちょママの

甥っこ姪っ子に

出動依頼

昼間の光景もステキです

さすが元気印の甥姪たち。

ものすごい速さと身軽さで

あっという間に

作業を終えてくれました。

もちろん

そらちょも

応援していましたよ。

出番が少ないじょ〜

そらちょは

総監督として

寒い中

ガンバリました!

さむいじょ

兄夫婦から

プレゼントでもらった

かっちょいい防寒アウターに

くるまってみたものの

さすがに寒くて

退散!

でも

まだまだ元気な

甥っこ姪っ子たち。

そこで〜

じぃじによる

陶芸教室が始まりました!

実はじぃじ、

どうしてその道に進まなかったのかしらん

と思うほど

ものすごい陶芸の腕前なのです。

お正月に飾った花器も

じぃじの作品!

威風堂としていて

なんともいえない迫力です。

みんな、真剣()!

もちろん

そらちょは

ここでも

総監督をつとめます()

でもまぁやっぱり

注目をあびたがって

一生懸命

邪魔してました()

どんな作品に仕上がるのか

出来上がりを待つのも

心ときめく時間。

じぃじも

子供たちも

それはそれは

楽しそうでした。

みんなが繋がる

お正月のひと時。

たとえ

その時間は過ぎてしまっても

心の中に

その時感じた

色や匂い、温度、感覚は

そっと

残っている気がします。

こんな時間の積み重ねが

みんなの心に

ユラユラ

温かで幸せな灯を

ともしてくれると良いなぁ。

そして

なにか大変なことがあった時も

その灯を一緒に見つめた

繋がっている人たちを

思い出してほしいなぁ。

そんなことを

ふと感じた

そらちょママでした。

こんな光景も

ママの心に

ポっと温かい

灯をともしてくれます()

パパのお膝でゴロゴロ寝正月()

そらちょは

この世に誕生してから

パパとママの心に

優しくて

小さな

幸せの灯を

毎日

ずっと

ともしてくれている。

だから

パパとママは

そらちょを囲んで

あったかーい気持ちに

なるのかもね。

そんなステキなことに

気がついた

お正月なのでした。

Instagramものんびり更新中

気軽にフォローリクエストお願いします。

ご訪問、ありがとうございました!

にほんブログ村

広告を非表示にする